使用する時は空港に注意しましょう

- 使用する時は空港に注意しましょう

使用する時は空港に注意しましょう

格安航空券に限らないかもしれませんが、SFJを利用する際には、いくつかの注意点があります。
例えば空港です。
突然の出来事として慌てないようにしたいですね。

チェックインに注意しよう

日本ではやはりJALとANAは二強です。
他の航空会社であれば空港の使い方も違ってきます。
後から参入した者としては、ハンディですね。
例えば福岡空港では、SFJ航空券を専用としたチェックインカウンターはありません。
ANAのカウンターにおいて手続きをします。
九州を主体とするSFJですが、ちょっと寂しいですね。
一方羽田空港では、行き先によってチェックインする場所が違います。
つまり北九州行きの場合には第一ターミナルのSFJ専用カウンターがあります。
しかし福岡、山口宇部、関空行きならば第二ターミナルのANAカウンターになります。

乗り継ぎに注意しよう

空港での乗り継ぎに関しても注意が必要です。
例えば預ける荷物ですが、SFJ、ANAの国内線、AIRDO、ソラシドエアならば、同一日、同一空港で乗り継ぐ限りにおいて、出発地空港でまとめて手続きができます。
それ以外はできません。
また同じ会社の飛行機ならば多少の融通は利きますが、他社便の場合には、乗り継ぎ時間に余裕を持ちましょう。
同一空港内であっても最低30分は必要です。
特に羽田でターミナル間を移動するなら、1時間程度は欲しいですね。

大阪は関空です

東京は羽田空港を使います。
一方で大阪の場合には関空です。
国際線の格安航空券を利用している人であれば便利でしょう。
しかし大阪や神戸、京都などの旅行やツアー、ビジネスなら、関空はちょっと遠いですよ。
関空行きの電車に乗り間違える人も多いようです。
こちらも時間的な余裕を持ってプランを企てたいですね。
また慣れない人なら、福岡空港と北九州空港との違いも大きいでしょう。
せっかくの格安航空チケットでも、利便性が悪いと無駄な交通費を使いがちです。
つまり福岡空港なら地下鉄が直結しています。

知っておきましょう

初めてSFJの航空券を予約および購入する人であれば、事前に知っておきましょう。
空港に慣れているとしても、混雑している中で移動するのは意外にも大変ですよ。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫