SFJの格安航空券を使う理由は何か

スターフライヤー(SFJ)をご存知ですか。
格安航空券ならJALまたはANA!そうイメージしていませんか。
特に東日本在住の人はSFJを知らないかもしれません。
ならば具体的にSFJを使う理由について説明してみましょう。


料金はどれくらいになるか

1.普通運賃の場合

いわゆる日本での正規航空会社は、JALとANAです。
一方で様々な格安航空会社(LCC)もあります。
とはいえSFJはLCCではありません。
つまりSFJ航空券を使って、充実した機内サービスが無料で利用できるからです。
では国内線の格安チケット予約した時の料金はどうなのでしょうか。
比較しやすいように東京羽田と大阪関空でみると、大人の普通運賃は片道23,200円です。
これはJALやANAと比べて約9%安い値段です。
往復にすれば片道当たり17,800円になり、JALやANAと比べると約23%安くなります。
これを聞いただけでも、SFJのメリットがわかるでしょう。

2.そら旅の場合

航空会社が直接販売する広義の格安航空券は、SFJでもあります。
それは「そら旅」と呼ばれています。
出発の80日前に予約するそら旅80、同60、45、28、そしてそら旅21などの種類があります。
季節によっても異なりますが、最安値は6,900円からです。
JALやANAともほぼ同額です。
大手とは異なり便数などの制限はあります。
とはいえ北九州や山口宇部、さらに名古屋の中部国際空港などを利用するなら、リーズナブルかもしれません。

3.STARの場合

そら旅は、ゆったりとした旅行のプランには適していますが、ビジネス用途には使いづらいですね。
つまり最低でも21日前までに予約する必要があるからです。
解約する際には取消手数料が徴収されます。
ならばSFJ航空券は、ビジネスニーズには対応できないのでしょうか。
SFJにはSTARがあります。
こちらも取消手数料はかかりますが、翌日便の予約、そして購入が可能です。
羽田関空間の最安値は10,100円があります。
前日なのに普通運賃の半額以下と激安です。
出張が多い企業にとっても嬉しいですね。

お得な使い方はあるのか

1.法人向けのサービス

SFJのお得な使い方はあるのでしょうか。
ひとつは法人向けのプランのSF-Bizです。
法人契約をすれば、今では当たり前ですが、ウェブ予約、チケットレス、自動チェックインが可能です。
また支払いにもフレキシブルな対応があります。
つまり請求書を会社や部署単位、1カ月まとめることも可能です。
さらに法人専用のチケットであるスタービジネスなら、解約手数料は無料、だけど最大62%の割引で航空券を購入できます。
福岡、大阪、東京に営業ポイントが多いなら、選択肢のひとつになるでしょう。

2.パックプランも利用できる

単発の航空券を購入するのもお得です。
しかし往復の格安航空チケットとホテルを組み合わせたパックプランもあります。
それなりのホテルに泊まれても3万円未満で済むでしょう。
個人旅行のみならずビジネスにも利用できます。
東京に1泊する際も、ちょっと足を伸ばして熱海や箱根の宿を予約することもできます。
街中の旅行代理店にお願いすれば、もっとお得なツアーがあるかもしれません。

3.マイルも貯まります

当然ですがSFJ航空券でマイルが貯まります。
クレジットカードからも貯められます。
逆にポイントとして使うこともできます。
他の航空会社と比べても引け目はありません。

注意点はどこか

1.使える空港はどこか

SFJ航空券を利用する場合の注意点は、使える空港が制限されることです。
例えば大阪は関空です。
名古屋も中部国際空港です。
逆に九州近辺では、本拠地になる北九州空港、隣の福岡空港、そして東には山口宇部空港もあります。

2.チェックインはどこか

空港のチェックインカウンターもちょっと不便かもしれません。
つまり北九州空港以外では、ANAのカウンターを借りています。
羽田では北九州便だけが第一ターミナルに専用カウンターがあります。
それ以外は第二ターミナルのANAカウンターです。
出発に際しては、SFJカウンターが見つからなくても慌てないようにしましょう。

お奨めポイントは

1.北九州なら是非

SFJと言えば北九州かもしれません。
空港自体の利便性は、あまりよいとは言えないでしょう。
しかし深夜および早朝便に対応したリムジンバスがあります。
予約が必要ですが、乗り合いタクシーもあります。
アクセスには事欠きません。
もちろん地元のツアーなどもあります。
ホテルと組み合わせたプランも用意されています。
北九州方面へ行くならば、SFJを選択肢に入れるべきです。

2.寛ぎの空間が楽しめます

SFJの特徴は、何といっても黒を基調とした革張りシートでしょう。
出張で落ち着きたい人には最適ですね。
使っている飛行機は、エアバスA320です。
通常は180席作れます。
しかしSFJではあえて150席にしています。
座席数を減らしてでも、足元の空間を広げています。
ゆったりとしたフライトを実感できます。
また機内サービスが充実しています。
格安航空チケットで搭乗しても、同様に満喫できます。
これはLCCでは味わえないポイントです。

知っておきましょう

九州へ行く予定があるなら、SFJを知っておきましょう。
また九州人なら、当たり前ですね。
地域密着タイプの航空会社なので、必ずメリットが感じられるはずです。

更新情報